人気エリアのおすすめ物件情報

賃貸とは?

賃貸というのは、他人や不動産屋が所持している建物や土地を、賃料を支払って借りるということです。不動産の貸し借りに関しては、貸す側にも借りる側にも細かい規定があり、それは契約書に記載されています。賃貸で人気のエリアと言えば恵比寿です。

 

この規定に基づいて、双方に義務が発生するのですが、例えば借りる側には賃料を支払う義務、貸す側には建物を修繕する義務があります。こういった義務を双方が守ることで、トラブルなく不動産の賃貸が出来るのです。

 

恵比寿の賃貸には、賃貸集合住宅というものと貸家の2種類の形態があります。賃貸集合住宅というのは、住居として借りる物件で一番ポピュラーな形態で、1棟の中に複数の人が入居している形態の事を言います。木造建築や軽量鉄骨造で建てられたものがアパート、鉄筋コンクリート造や鉄骨造で建てられたものがマンションで、これらの総称が賃貸集合住宅です。貸家というのは、その名の通り、一戸建ての住宅を貸すことです。

 

恵比寿の賃貸のメリットと言えば、自分で不動産を所有した時に発生する固定資産税を支払う必要がないということです。また、自分のものではないので、ほとんどの場合住宅に対してのメンテナンスをしなくてもいい、というメリットもあります。その代わり、何年住んでも、どれぐらい家賃を支払っても、その家が自分のものにならないというデメリットもあります。ただし、自分の家族構成や将来の計画に合わせて、住居を自由に選べるので、ライフスタイルにあった賃貸ならばメリットの方が大きいと言えます。

恵比寿の中古マンションの魅力

同じ広さで同じ間取りでも、新築住宅よりも圧倒的にリーズナブルな価格で購入する事ができる中古住宅。中古住宅はすでに建っている住宅を実際に目で見て購入するかどうかを決めることができるので、購入前に、周囲の環境や住民や地域の様子だけでなく住宅のメンテナンスの状況などを確認する事ができるのが大きなメリットと言えるでしょう。マンション投資の場合は、新築と中古で大きく利回りが変わってきます。新築であれば6%ぐらいしか回らないのが普通です。中古物件でマンション投資をしたいと思うのであれば恵比寿の事情に詳しい不動産会社に紹介してもらうと良いと思います。地元のマンション投資

 

恵比寿で中古住宅を購入する場合には、購入前に住宅の基礎の状態を専門家にチェックしてもらう事が必要になります。築年数や建っている場所や環境などによってはシロアリの被害がひどい場合もあるかもしれませんし、地震が多い日本ですから地盤沈下なども心配ですよね。家の基礎がしっかりしているかどうかは素人の私達には分かりません。売主の了承を得てから専門家に調査を依頼する事をおススメします。

 

また、恵比寿付近の中古住宅は住宅を購入する際にかかる費用は新築住宅と比較してリーズナブルですが、多くの場合には不動産業者などを仲介として購入する事が多いので、その手数料がかかってくる事も忘れてはいけません。仲介手数料は売買価格の3%+6万円を上限に、予算組みのなかにきちんと組み込んでおけば、後から予算オーバーになることもないので安心ですね。

 

 

中古住宅を購入する場合には、入居後に不具合が発生した場合のアフターサービスがどうなっているかも確認しておく事が必要です。仲介業者によってアフターサービスの内容は異なりますから、内容をしっかりとチェックしてくださいね。